モビット審査

モビットの審査に落ちてしまう原因

モビット審査

便利にキャッシング出来るモビットを利用したくても、審査に落ちては意味がありません
モビットで審査落ちをしても、何が理由なのかは教えてくれません。
どの様な問題があれば審査に通過できないのかをチェックしてみましょう。

 

まず、モビットの審査は「属性スコアリング」と言う加点式の自動審査を行っています。
何を見ているかというと、その方が返済できる状況にあるのかを先に確認しようと言うことなのです。

 

お勤めの状況として勤務年数、会社の規模、雇用形態などです。
年収が一時的に高くても、こういった条件が満たされなければ返済を続けるのは難しいからです。
安定した収入があるということを証明できるのが大切です。

 

また、お住まいの状況もチェックしています。
賃貸住宅なのか持ち家なのか、何年済んでいるのかを確認します。
住宅ローンがあると不利だと感じるかもしれませんが、実は持ち家がありローンも組めて支払いに問題がなければ「信頼できる人」と判断され、スコアは高めになります。
賃貸住宅では居住年数が長く、家賃に滞納がなければ、「支払いをしっかりする人」となります。
住宅に関しては、支払いが必要な家賃や住宅ローンに延滞がないのが前提です。
また、消費者金融では、総量規制がありますが住宅ローンはこの中に含まれません。
車のローンも同じで、総量規制には入りませんし、ローンの支払いが順調なのは良い実績でしょう。

個人情報の紹介や属性スコアリング

属性スコアリングで加点されたものに加えて、信用情報紹介を行います。
これは、その人が今までに利用したお金に関する情報が登録されています。
さすがに現金でお財布から出る金額まではわかりませんが、クレジットやローンで購入したものと、その支払い状況、公共料金の支払い状況、過去の延滞履歴や債務整理の記録、ブラックかどうか、と言った項目を確認していきます。
過去に融資を受けて延滞があったり、債務整理やブラックリスト記載となれば、「事故履歴があり手放しで信用は出来ない」と判断されます。
これに関しては悪い実績として、審査結果に大きく影響しますよ。

 

各種の確認をしていったら、ほとんどの場合、勤務先への在籍確認を行います。
モビットのWEB申込では省略されますが、勤務先に個人名で電話をして、その方が本当に勤めているかの確認をします。
審査に通過いたら、最終的に電話かメールで連絡があるという流れです。

 

審査で個人情報の確認もしていますが、これは名前や住所が合っていれば良いということではありません。
各種の情報を集めて確認していく中で、申請された情報と相違点が出ることもあります。
単なる記入ミスや入力ミスなのですが、審査する側にとっては良い印象になりません。
名前や住所、会社名の感じが間違っている、電話番号が違うと言うのも隠したいことがあり虚偽の申告をしているのかも知れないと見えます。
また、勤務年数・年収・居住年数など数字の面では、意図的に変更されたと思われても仕方がありません。
やはり年数や年収に関しては、大きな数字になるほど属性スコアリングも良くなると予測できますね。
悪意のある虚偽の申告と判断されると、まず審査には通過しません。

 

こんな些細なことで・・・と思うでしょうが、消費者金融だけではなく審査はこう言うものなのです。
そこで、あらかじめ必要な情報で曖昧なところがあれば、しっかり確認しておきましょう。
これはご自分で防げるところですから、正確な情報を提供しなくてはいけません。

審査に落ちてしまう人の大きな原因

そして、もう1つご自分で工夫できることがあります。
審査の申込の仕方です。
初めて利用する方は、確実に審査の通過をしてキャッシング出来る様にと複数申込をしてしまいます。
実はこれが審査に落ちる原因になります。
始めにご紹介した様に、信用情報紹介をしていますから、どこのキャッシング会社に申込をして審査中である、また審査落ちしたと言うのは分かってしまいますね。
1ヶ月以内で3社以上の申込をする方に対して「申込ブラック」と言う判定があります。
数多く申込をするほどお金に困っている印象がありますし、他に借り入れの履歴があれば、多重債務者という判定もされやすいでしょう。
返済のための融資を求めているのでは?と考えた場合、その人に融資をする決定はしないものです。
最終的に支払いが出来ない状態に陥って、債務整理などがあれば融資をした側にも損失が出ます。
審査結果はご希望に添えませんとなるのが分かりますね。

 

モビットの公式サイトにも、お借り入れ診断があります。
簡単な審査で結果の予測をすることが出来ます。
これは本審査の結果とは連動しませんが、申込の際に参考に出来ます。
こういった機能を活用しながら1度に1社しか申込をしないと言うのが賢明な方法です。

 

ここまでご紹介したことに注意をしながら、審査の申込から確認連絡まで完了できると、希望する結果も期待できますね。
小さなミスでも審査では致命的なことがありますので、十分に注意をして下さい。